ウェディングドレス

2007年10月18日

NOVAが講師不足で自主休校続出

 経済産業省に一部業務の停止命令を受けている英会話大手、NOVA(大阪市)で、なかもず校(大阪府堺市)など一部のスクールが、自主的に休校したり予約受け付けを取りやめたりしていることが18日、わかった。講師不足で要望通り生徒のレッスンがとれない事態を苦慮した現場の独自判断とみられる。

 休校に入っているのはなかもず校のほか、東京都内の市ヶ谷校(17日から)、水道橋校(18日から)など。

 同社は「会社として休校は命じていない」と説明。度重なる給与遅配に講師や日本人スタッフの反発が高まり、同社統括本部の統率力が低下しつつあることが浮き彫りになった。

 なかもず校が休校したのは16日とみられる。教室の入り口には「当スクール休校のお知らせ」とはり紙があり、10月16日〜10月31日の間を休校すると書かれていた。また、「生徒のみんなへ。みんなに会えなくて寂しいよ」と講師からの英語の走り書きもあった。

 休校したなかもず校は本来、10月末で閉校し、大阪市天王寺本校(大阪市阿倍野区)と“統合”する予定だった。今月19日、統括本部から閉校の通達があり、当時いた約400人の生徒には統合案内を出していたという。

 同社は、外国人講師の15日支払い予定だった給与を19日に延期すると12日、各校にファクスで通達して以来、毎日200人程度の講師が、授業を欠席したりするケースが続出。各スクールでは、欠席した講師のレッスンを急きょ、テレビ電話を使った「お茶の間留学」に切り替えるなどして対応していたが、一部のスクールでは対処しきれなくなってきたとみられる。

 大阪市内のスクール関係者によると「今週はお茶の間留学も予約が確保できない状態。うちはスクール独自の判断でやむを得ず生徒に謝罪し、予約を断っている」という。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071018-00000933-san-soci


| yahoo | google | 病院 | グルメ | タクシー | ホテル| 酒屋 | イサゴール | やずや 千年ケフィア | 黒にんにく | ヴァン・ベール | マカ 妊娠 | 霊芝 | 黄土パック | プラチナローラー | もろみ酢 | ラパルレ | 在宅ワーク 求人 | 医学 求人情報 | 求人情報 比較 | コエンザイム | カルニチン | ターボセル | リポ酸 | ダイエット用品 | 顔 ダイエット | ダイエット 足 | お腹 ダイエット | ミーハー通信 |
posted by ウェディングドレス at 15:49| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記

2007年07月26日

ウェディングドレス

サイズオーダーウェディングドレス Aライン
商品名:サイズオーダーウェディングドレス Aライン

価格:¥68250
(税込み) <送料別>

商品詳細:
【サイズオーダーウェディングドレス】「サイズオーダースタート特別提供品」ドレストレーンと同じレースを使用した、ロングベールが付属する、お買い得ドレス・ベールセットです。サイズをご指定いただいてからお作りするあなただけの特別なドレスです。厳選した・・・
ショップ名:ブランニューエリー

楽天で購入する
★モバイルの方はこちらから楽天で購入!

Powerd by 楽っぺ&あまにゃん

 【関連商品】
大きなハートはバラの花ウエディングバックNO5【送料無料】ピンク小花フリーカラードレス(9)〜13号TSUJITAi(CLC629)(USED品)3着選んでね♪自宅で試着--時間を気にせず、家族みんなに見てもらえると大好評!総レースウエディンググローブウエディンググローブ総レースグローブ
posted by ウェディングドレス at 14:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2007年04月04日

日本でのウェディングドレス

日本では、1873年に長崎で磯部於平(いそべ おへい)という女性が中国人と結婚した際に
初めてウェディングドレスを着用しました。
2年後に森有礼も西洋式の結婚式を行ないましたが、当時の日本にはウェディングドレスはなくて、
国外から購入したものでした。
その後も洋式の結婚式はごく一部の著名人に限られたのです。
一般向けとしては、1929年の婦人雑誌に洋装花嫁としてウェディングドレスを紹介する記事が出たのですが、
当時の結婚式は仏式・神前式が一般的でした。
第二次世界大戦後、一般的にも知られるようになったのですが、ウェディングドレスの絶対数が少なく、
洋装での挙式を受け入れる体制が不充分だった事もあり、1960年頃でもウェディングドレスの利用者は
全体の3パーセント程度でした。
でも、西洋文化への根強い憧れ、服装をはじめとする生活様式の洋風化、また桂由美らにより供給側の充実も図られ、
60年代後半から80年代にかけて急速に普及して和装を圧倒し、花嫁衣装の主流を占めるようになりました。
posted by ウェディングドレス at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ウェディングドレスに必要な小物

◆ティアラ;宝石やビーズを飾り、エレガントな雰囲気のものが多い。

◆カチューシャ;ビーズ、造花、ファーなど、さまざまなタイプがある。

◆ボンネ;婦人用の小さなキャップのこと。
額をあげ、アップにまとめた上に飾る事が多い。

◆クラウン;王冠のように輪状になった飾り。
エレガントにもキュートにもなる。

◆アクセサリー;ネックレスやピアス・イヤリングなど。

◆ベール;ウェディングドレスとのバランスを考えて選ぶ。

◆パニエ;スカートをふんわりと広げる為のペチコート。
硬いチュールやワイヤーが入っている。

◆手袋;ウエディングドレスに合わせて、ショートかロングかを選択する。

posted by ウェディングドレス at 09:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

ウェディングドレスとは?

ウェディングドレスは、結婚式で花嫁が着用するドレス。

一般的にドレス及びその附属する装飾品(ベール、グローブ、靴、アクセサリーなど)は、清純さを表すために白色を基調(ホワイト、シャンパンカラー、オフホワイトなど)とする。まれに桃色・水色などが見られるが、それらも極力淡い色を用いる。
posted by ウェディングドレス at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ウェディングドレスの基本シルエット

流行や好みもあるけれど、自分の体型や挙式会場の雰囲気に合うものなど、
トータル的に考えて最適な一着を選びましょう。

◆スレンダー;体のラインに沿った細見のシルエット。
すっきりと見えるだけでなく、凛とした存在感がいかなる会場でも際立ちます。

◆マーメイドライン;マーメイドは人魚の事。
上半身から腰にかけては身体のラインにピッタリと膝下あたりから、尾びれのように
裾が広がったデザインです。女性らしい曲線が魅力的。

◆Aライン;アルファベットのAのように、裾にかけてスカートが広がったシルエット。
縦ラインの強調により、背が高く見えます。

◆ベルライン;ベル=鐘のような形が特徴。
ウエストが細く、腰にかけてふっくらとふくらみ、裾の端が少し反り返るシルエットです。

◆プリンセスライ;ウェスト切り替えでスカートが大きく膨らんだ華やかなデザインです。
体型を選ばず誰にでも似合います。特に広い会場で映えるので、ホテルの披露宴や大きな教会での挙式に向きます。

◆ミディ・ミニ丈;ふくらはぎや膝下あたりまでの丈が特徴。
キュートさや軽快さをアピールでき、ガーデンウェディング等にも好適です。
posted by ウェディングドレス at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ウェディングドレスの歴史

起源はローマ帝国の時代にさかのぼります。
そのころのウエデイングドレスは、縁起の良い色とされていたサフランの花を
染料にした黄色いドレスが一般的だったようです。
純白のドレスが広まるきっかけは、19世紀(1840年)イギリスのヴィクトリア女王が
シルクサテンとレース生地の白いウェディングドレスとベールを正統の花嫁衣裳のシンボルと流行を取り入れた
白のウェディングドレスで挙式したことと言われています。
純潔で無垢なイメージを象徴する白いドレスを、女王をはじめとする王室の花嫁や上流階級の花嫁達が好んで着ていたのです。
庶民の女性達にとって白いウェディングドレスは憧れとステイタスシンボルだったのです。
高貴な「 白 」は、花嫁の夢と憧れを身にまとうということなのです。
posted by ウェディングドレス at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記